すてきィ!探検隊 takatakaのブログ

楽しい福山の街ネタを求めてウロウロした中で見つけたコト、色々アップしますー!

simple&natural&clean 新しいファシオール!ニューキャッスルホテル店

以前のお店も可愛くて大好きでしたが、改装されたファシオール・ニューキャッスルホテル店、とても素敵なお店が出来てました~。

お買い物もお手入れも、心地よく。

どんなお手入れしてもらおうかなー。

f:id:takatakak:20181110160505j:plain

f:id:takatakak:20181110160749j:plain

f:id:takatakak:20181110160736j:plain

f:id:takatakak:20181110160220j:plain

■ ファシオール 

facior.jp

 

ピーターだけじゃ無かった、画家一族ブリューゲル展でベルギービール購入。

美術の授業で学んだ時は「ピーター・ブリューゲル」だったのに、最近は「ピーテル・ブリューゲル」と表記するのね。

ピーターから数えて三代めの孫までも、一族で画家だったらしい。
しかも、ピーターの描いた絵を忠実に写した絵を描いて、大量に生産していたのだという、家族ならではの大技も('◇')ゞ。
静かな展覧会。

f:id:takatakak:20181025155704j:plain

f:id:takatakak:20181025165701j:plain

f:id:takatakak:20181101001346j:plain

f:id:takatakak:20181101001415j:plain

(10/31までの期間限定で一部作品が撮影許可されてました。)

次はサヴィニャック~!!!待ち遠しい。

f:id:takatakak:20181025155756j:plain

広島県立美術館 ブリューゲル

http://www.hpam.jp/special/index.php?mode=detail&id=192

OBSCURA COFFEE ROASTERS 広島市内、2店舗目の新店へ寄ってみたよ。

袋町の店舗とあまり離れていない本通りの近くにOPENしたこちら、OBSCURA COFFEEの新店。木とエスニックな小物が印象的。

f:id:takatakak:20181025134347j:plain

雑貨も色々販売f:id:takatakak:20181025134334j:plain

もちろん珈琲豆もテイクアウト。

f:id:takatakak:20181025134830j:plain

f:id:takatakak:20181025135023j:plain

f:id:takatakak:20181025142923j:plain

obscura-coffee.com

 

ガイド本より先にご紹介(笑)。WALKING BOOK 行冊とREADERS`HOUSEとオシャレ散髪屋Heritage&Barber。

ふら~り街歩きで気になった3店。

2つは「本」がKeyです。
「READERS`HOUSE」は本がたっぷり読めるカフェかと思いましたが、本屋さんと会員制の貸し部屋のようです。古い建物をリノベーションしていて、とても雰囲気が良かった。私が行った日は日曜でお休みのようでしたが(ドアに張り付いて中をじろじろ見てみましたよ)、帰って来て調べてみたら1920年代の建築物だったようで、古い映画を思い出させるとても素敵な外観でした。機会があったら、次は中に入ってみるぞ。
台湾はこうした、古き良き時代を感じさせるお店の内外装がとても良かったなー。

f:id:takatakak:20181007175224j:plain

www.readers.tw

あと、「WALKINGBOOK」上の階には行かなかったけど、上に本があったのですねー。ここも私の生きてる(笑)細胞が、「ここは素敵、入るべし。」と。
ガイド本やネットの評判ももちろん役に立つけど、自分が好きなモノは自分の細胞に聞くべきですよ、絶対に。何でもかんでも、ネットの事前情報に振り回されてはいけませんー。人の経験をなぞる旅はナンセンス。自分の「ピン」に正直に。その店の持つ空気感に敏感に。私はこのマークと「WALKINGBOOK」という店名に惹かれました。

f:id:takatakak:20181007180837j:plain

「ひと抱えの木もごく小さな細い枝から生まれ、九層の高き台もその始めは極めて少しの土の積み上げから成る。千里の道も一歩から。」

walkingbook.tw

 

そして、ここもお洒落でした、Heritage&Barber。
とてもクラシックな散髪屋さん。
スタッフはおヒゲの紳士。世界中で散髪やさんが人気の模様。
ぜひFBの写真みてみて。

f:id:takatakak:20181007181403j:plain

https://www.facebook.com/The-Heritage-Barber-%E8%8B%B1%E5%80%AB%E7%B4%B3%E5%A3%AB%E7%90%86%E9%AB%AE%E5%BA%97-794011707455513/

そしてこれはおまけ。
左方向に入り口のある印刷会社?デザイン事務所?の窓に貼ってあったコレ。
とてもよい雰囲気を醸し出しておりました。入り口ベル押してね~的な。
台湾デザイン、ナイス。

f:id:takatakak:20181007175128j:plain

大人気!誠品生活の最新店舗に行ってみた。誠品生活南西店

買い物をしない海外旅行のなんと気軽なことでしょうー。
私には珍しく、ガイド本も買ったけど読む暇なく、「台湾designの今を見る」目的で

プラーっといったので、台北のおもしろそうなお店も新しいお店の情報も全く知らず。

でも、日頃の勘が働いてちゃんとチェックしてました、私の細胞はまだ生きてますー(笑)

蔦屋書店が参考にしたと言われる「誠品書店」の最新店舗:誠品生活 南西店。
今年の9月30日にオープンしたばかりだった最新店舗です。
中山駅近く新光三越の隣のこちら。(←ガイド本にもまだ載ってなかったけど、帰って来てあの店良かったなーって検索かけたら、有名 誠品生活の最新店舗だった。
デジタルには弱いけど('◇')ゞ、モバイルツールなんかに頼らなくても、最先端の情報はキッチリ押さえますよー、勘で。)

f:id:takatakak:20181007202230j:plain

それとは知らず、待ち合わせ時間までの暇つぶしに地下から各階を端から端までチェーっく。途中、いいじゃない!と思って見たこちらの店舗「神農市場MAJI」も台北で人気のライフスタイル系食物販店。VPの作り方は実に日本的。

f:id:takatakak:20181007194737j:plain

f:id:takatakak:20181007194425j:plain

f:id:takatakak:20181007194809j:plain

地下には猿田彦珈琲丸亀製麺が入っていたのはご愛嬌。
誠品生活は来年、コレド室町テラスへの出店が決定したそうです。
おたのしみに~。


■誠品生活 南西店
住所:台北市南京西路14号
電話:02-2581-3358
ショップ営業時間:日~木曜11:00-22:00/金・土曜11:00-22:30
書店営業時間:日~木曜11:00-22:00/金・土曜11:00-24:00





 

台湾リノベの好例 松山文創園区はデザイン発信地

元々は広大な煙草工場だった建物をリノベーションして、デザイン関連の展示や商品の販売コーナー、本屋さんなどに。
中庭には「台湾は南の島なんだなー」と感じる熱帯植物が大きく育って、敷地の中はとてもゆったりとした雰囲気。

f:id:takatakak:20181007115104j:plain

f:id:takatakak:20181007113529j:plain

f:id:takatakak:20181007114132j:plain

中庭を囲んで回廊で繋がって、とにかく、広い~。

f:id:takatakak:20181007125705j:plain

素敵カフェもあり。

f:id:takatakak:20181007115221j:plain

f:id:takatakak:20181007115414j:plain

f:id:takatakak:20181007144227j:plain

f:id:takatakak:20181007115700j:plain

design展示の施工スタッフ。

f:id:takatakak:20181007151136j:plain

f:id:takatakak:20181007151359j:plainやたらとかわいい書店も。

wwwongshanculturalpark.org



台北の朝は外ご飯から。サンドイッチとおかゆと珈琲と。

台北の朝は外ご飯から。カフェやサンドイッチやさん、お粥まで色々選べる。

早朝から、深夜まで街の食堂やカフェの人は良く働くなーっと。

f:id:takatakak:20181007101820j:plain

ホテルの周りには朝食の食べられるところが色々。

f:id:takatakak:20181007102021j:plain
カフェは出勤前の(?)お客さんで混んでた。

f:id:takatakak:20181007102154j:plain

写真は朝八時半ころ。

f:id:takatakak:20181007102004j:plain

サンドイッチやさんには行列が!
台北での朝ごはんのトレンドはサンドイッチ。